PRODUCTS

Swing Wedge Attachment(義歯用アタッチメント)

スイングウェッジアタッチメントとは!?

健全な歯への浸食を最小限に抑え、悪くなった部分のみを取り除き修復するMinimal Interventionという治療概念から生まれた義歯用アタッチメント!
残存歯や顎堤のアンダーカットに入るウェッジ(楔)と拮抗関係を持つレスト・フックを伴ったスタビライジングアームで構成されたシステムです。

スウィングウェッジアタッチメント

一般医療機器 歯科用パターン成型品 届出番号:08B3X00007000032

前歯用4セット入:10,000円

臼歯用4セット入:8,800円

現在東京/名古屋/大阪各地にてスウィングウェッジアタッチメント実技研修会大好評実施中!

まずはどのような義歯ができるかご覧ください

札幌歯科研究所様の製作する高品質義歯「エクセレントデンチャー」。スウィングウェッジアタッチメント義歯として、多くの患者様にご愛用いただいております。

ほかにも様々な症例を札幌歯科研究所様制作の動画にて視聴できます(その他症例の動画を見る)。イメージしやすいので、実動作を是非ご覧ください。

入れ歯とは思えない見た目と噛み心地を実現。それでいてお口に優しい

「入れ歯をしていると思われたくない!」
「入れ歯を作ったけど使いづらくて・・・」
「入れ歯の取り外し、痛いのよね・・・」
「入れ歯するぐらいなら、見た目が綺麗で手入れの要らないインプラントにする!」
このような患者様の声を良く耳にします。

では、こんな入れ歯があったらどうですか?

  • ・入れ歯だと気付かれず
  • ・メンテナンスも含め比較的リーズナブルに仕上がる
  • ・健全な歯牙を傷つけ負担をかけることも健康的リスクもなく、欠損部を修復することができる
  • ・安定してよく噛める、きちんと話せる
  • ・残存歯への負担が少ない
  • ・扱いが簡単
  • ・健康的リスクがない

こんな入れ歯があるのなら、入れ歯も(・∀・)イイネ!!

…これなら、入れ歯もアリ!!

今、入れ歯(従来型)でもインプラントでもない、この「噛めて話せて美しい入れ歯」の需要が高まってきています。

もちろん、入れ歯なのでお手入れが必要になります。しかし、これまでの入れ歯のデメリットをほとんど解決したこのシステムは、次世代の入れ歯といっても過言ではありません。スウィングウェッジアタッチメントを採用していただくことは、患者様の選択肢を増やし、より患者様個々のニーズに沿った施術を提供することにつながるでしょう。

入れ歯だ!と、気付かれない

スイングウェッジアタッチメントは、残存歯や顎堤のアンダーカットに入るウェッジ(楔)との拮抗関係を活用したシステムで、現在保険診療で行われているクラスプデンチャーのように外側から装置が見えることはありません。患者様の審美的要求に十分に応えられるシステムです。

メンテナンスを含め、比較的リーズナブルに仕上がる

また、装置が安価であり、メンテナンスや修復も簡単。口腔内の変化に柔軟に対応できます。

健全な歯牙を傷つけることも健康的リスクもなく、欠損部を修復することができる

従来のクラスプを使用した入れ歯の場合、着脱の際に残存歯に負担をかけてしまうため、残存歯もいずれ抜けてしまう・・・といったことも多々。一方インプラントは、顎の骨に穴をあけ、そこに人口のねじを差し込む外科手術です。ノーリスクとは言い切れません。また、無事定着するまでに数か月~1年をも要することもあります。

残存歯への負担が少ない

スウィングウェッジアタッチメントは、身体は言うまでもなく、残存歯に傷をつけることも余分な負担をかけることもありません。アンダーカットから維持装置を外してから義歯を着脱するためです。さらに、補綴も容易で、歯冠修復する場合も同様に利用できます。

安定してよく噛める、きちんと話せる

残存熾烈を抱え込むようなスタビライジングアームと「ウェッジ・楔」とで構成され、しかも遊離端義歯の維持部遠心側には指示要素を持たない構造のため、義歯は咀嚼圧に対して若干沈下する動きをするようにセミリジッド設計されています。これが、自然な噛み心地の秘密です。そして当然、よく噛めるのに話せないわけありません!

扱いが簡単

維持装置は、どんなケースでも2か所以上つける必要がないため、義歯の扱いが簡単です。また、歯牙の残存状態や設計によっては、お身体の不自由な患者様のために、維持装置を1か所とし、義歯の扱いをさらに容易にすることも可能です。

総義歯から一本義歯まで広い範囲で適用可能です

おわりに

いかがでしたか?
入れ歯といえば、噛めない話せない気付かれるというイメージをはじめとして、あまり良いイメージがない方が多いのが現状です。しかし、現在、「噛める話せる美しい」という三拍子揃った入れ歯をつくるアタッチメントと確かな技術が誕生しているのです。
この現実をより多くの歯科技工士や歯科医の皆さんに知っていただき、一人でも多くの患者様の選択肢を豊かにし、一人でも多くの患者様の「美味しく食べられる幸せな口腔環境の実現」を願っております。