PRODUCTS

INKOVAC SYSTEM(真空加圧/義歯重合システム)

リンゴの丸噛りもできる!!

通常床用レジンは、外的圧力等を加えず重合された場合、気泡が数多く含まれ粗な状態であると言われている。 最近数多く見受けられる加圧注入方式は、図1に示すように、外部から大きな圧力を加えることにより気泡を圧縮し、 重合密度を高めるばかりでなく、レジンの収縮をも補うという視点のものが多い。
しかしながら、大気圧における気泡を大きな圧力をかけて圧縮しても、気泡が消えるわけではない。 むしろ、圧縮されたまま重合された気体は、重合なり、重合体そのものをストレスに満ちたものにするという欠点がある。
INKOVAC SYSTEMは、図2に示すように、フラスコ基底面のバルブにより密閉された空間(a)を減圧し、 同時に外部より圧力を加えることで、印象面と模型との間の空間を満たしているレジンを、模型面上に押し付けるように重合させる工夫がなされている。 これは、レジン内の空気を排出し、密度を高めるばかりでなく、適合精度を著しく向上させた。

パフォームインコバックシステム7つの特長

  • 真空加圧重合システムにより、精密な適合精度を誇ります。
  • 寒天を使用することで、石膏の使用量が大凡3分の1に大幅減少。
  • 重合後の研磨作業もレジン面に石膏付着がないため、よりスムーズな研磨を実現。
  • 専用石膏分離材と静かな重合により、確実で楽なリマウントが可能に。
  • 同時に3個のフラスコを重合出来るため能率アップ。
  • 義歯修理も同じレジンで出来るため、残留モノマーのほとんど残らない物性をそのまま維持。
  • 加熱重合レジン等へのリベース、リライニングも確実に接着出来るため臨床的。何年たっても臭わない!!

パフォームインコバックシステム―真空加圧/義歯重合システム構成

<届出番号>
寒天溶解器:08B3X00007000065
バキュームフラスコ:08B3X00007000061
加圧重合器:08B3X00007000060
寒天印象材:08B3X00007000062

定価:—

※相場により価格が変動しますので、お問い合わせください。お見積りいたします!

インコバックシステムの使い方

  1. 湿らせたパフォームフラスコ・フィルターペーパー(DA-FP500)をフラスコの下に敷き、石膏を入れます。 更にモデルをそのベース部が石膏から2~3mm出る程度に埋め込みます。
    インコバックシステムの使い方
  2. 口一義歯から人工歯を取り外し、tooth sieveの中に解剖学的順序に従って分類します。
    インコバックシステムの使い方
  3. バキュームポンプのスイッチを入れ、モデルの脱水・乾燥を行います。 レジン分離材(DR-S1)を塗布し乾燥させます。
    インコバックシステムの使い方
  4. 沸騰したお湯かスチームクリーナーで、脱蝋します。 人工歯とデンチャーレジン間の接着面を加工し、アンダーカッターで維持溝をカッティングします。
    ※アンダーカッターは弊社で別売しております(インコバック一式には入っておりません)。
    インコバックシステムの使い方
  5. 複製モデルをつめたい流水で洗い、モールドの表面を乾燥します。 表面をきれいに乾燥しておくことにより素晴らしい結果を得る事ができます。 人工歯を寒天に戻します。
    インコバックシステムの使い方
  6. 練和カップを使用してリキッドとパウダーを混合し、フラスコに流し込みます。
    ※練和比(粉10:液5.5)
    インコバックシステムの使い方
  7. バキュームコントロールダイアフラムでフラスコ内の真空度をチェックし、フラスコをバキュームバルブのアダプターにセットします。 予備重合の後、重合釜に入れる直前に注ぎ口に氷をのせます。
    インコバックシステムの使い方
  8. 45℃30分で重合を終え、室温に戻してから開きます。
    インコバックシステムの使い方